天下一家の会

・天下一家の会って何なの?

・ねずみ講について詳しく知りたい

昭和40年代に100万人以上の人間が狂喜乱舞し、マネーゲームに熱狂していた時代がありました。

無限連鎖講の防止に関する法律』が制定されるきっかけとなった、過去の巨大金融詐欺事件について、今回はスポットを当ててみたいと思います。

それではまいります。

天下一家の会とは?

内村健一が1967年に熊本県で始めた【ねずみ講】、それが天下一家の会です。全国から最大で180万人以上の会員と2000億円近いお金を集めたのが『天下一家の会』事件です。

『4人の子会員を勧誘すれば、2080円が102万4000円になる』をうたい文句に【ねずみ講】は始まりました。

2080円の内、1080円は天下一家の会本部に、1000円は自分より6代前の会員に送金されます。

新会員が4人づつ勧誘して新しい子会員を獲得すると6代後の会員数は1024人なります。1024人から1000円づつ送金されれば、102万4000円になる計算です。

1979年に『無限連鎖講防止法』(ねずみ講防止法)が施行されるまで、天下一家の会の歪なマネーゲームに日本の人口の1%近い人間達が熱狂していました。

【ねずみ講】の正式名称は【無限連鎖講】です。今でこそ違法ですが、昭和40年代は【ねずみ講】は合法で、取り締まる法律は一切ありませんでした。

内村健一と言う男

天下一家の会内村健一

内村健一は1926年に熊本県に生まれました。戦時中は海軍の予科練に入隊し特攻隊に入りましたが、出撃前に終戦を迎えます。

終戦後は特殊飲食店(遊郭)や生命保険会社の外交員の仕事を行い、生計を立てていました。

1967年:『天下一家の会・第一経済相互研究所』を創設し、ねずみ講を開始
1970年:熊本市に本部ビルを構える
1971年:熊本国税局が所得税法違反の容疑で強制捜査を実施
1972年:熊本地検が脱税容疑で内村健一を逮捕、起訴
1978年:懲役3年、執行猶予3年、罰金7億円の判決が下されるも控訴
1978年:議員立法で『無限連鎖講の防止に関する法律』が制定、翌年施行
1978年:熊本県阿蘇市に巨大ピラミッドを建設
1980年:参議院選挙全国区に出馬も落選
1983年:有罪が確定し収監
1995年:69歳で死去

創立から9年後の76年にピークを迎え、天下一家の会は1日に2億円の入金があったとされています。当時の消費者物価指数で比較すると現在価値の4~5倍になりますので、8億円~10億円の入金になります。

1976年10月には日本武道館に1万5千人の会員を集め、創始10周年記念式典を開催します。まさにこの時が、内村健一の絶頂の瞬間でした。

この年の内村健一の年収は全国長者番付で39位でした。(全国ですよ!)

現在の価値で年間20億円以上の金をねずみ講によって個人で手にしていた事になります。

ねずみ講は必ず行き詰る

ねずみ講は行き詰る

仮に4人の子会員を勧誘し続けていけば、15代目には会員は2億人を突破します。2人の子会員の勧誘でも28代目には日本の人口を超えます。

倍々ゲームの恐ろしいところは、数字が小さいときは感じなくても、大きくなると一気に膨張することです。

人口を超えてしまえば、新しい会員の獲得は不可能です。自分より下の会員を持てない場合は入金はなく、自分が支払ったお金は丸損になります。

ねずみ講を取り締まる法律が当時はなかった

ねずみ講を取り締る法律

実際、天下一家の会も1970年代には配当が得られない人や勧誘に関するトラブルが相次ぎました。

社会問題化したものの、当時はねずみ講を取り締まる法律がなかったため、やむなく熊本国税局が所得税法違反(脱税)で強制捜査を行い、検察庁に告発する形を取りました。

ところが実際に社会問題化した後でも、熱狂する人たちが後を絶たちませんでした。

会員になった人も最初は半信半疑で2080円の支払をした所、ある日自宅に現金書留で1000円が送られてきます。

次の日にも1000円が届き、その次の日は2000円、更に多い日には10000円と、毎日郵便局員が現金書留を自宅に届けてくれたのです。

当初は2080円の支払で102万4000円の満額のお金を手にした人も多くいました。噂が噂を呼び、人々は我も我もと会員になっていきます。

普通に仕事をしているよりねずみ講の方が儲かると考える人も多かったのです。強制捜査を受けた後に、天下一家の会は理論武装を行い、勧誘員を増強するなどしたため勢いは逆に増していきました。

東京の千代田区の一等地にあるビルを東京本部として13億円の現金で購入し、『大空のサムライ』という映画まで制作しています。

天下一家の会大空のサムライ

幻想のマネーゲームの崩壊

マネゲームの崩壊

そのうち、学生にまで会員の勧誘が行われるようになっていきます。特に体育会系の学生達は先輩から後輩へ会員への勧誘がなされ、断れずに消費者金融会社に借入を行うものが続出します。

勧誘した子会員からお金が入ってこないじゃないか!と責められ、自殺者する会員まで出るに至ります。全国でねずみ講被害者の会が結成され、次々と集団訴訟が起こされていきます。

そして、一気に崩壊に向かいます・・・。無限に続くはずがないのが、ねずみ講です。

楽して儲かる、絶対に儲かる、方法なんてありません!!

楽して儲かる

当時は取締る法律もなかった事から、被害がより大きくなってしまった側面もあります。今では、【ねずみ講】に関しては『無限連鎖講防止法』で明確に禁止されいます。

過去には数多の金融詐欺の事例があります。そう言った過去の金融詐欺を学ぶことで、金融詐欺の被害にあう人が少しでも減って頂ければと願ってやみません。