マルチ商法をやっている人の見分け方

関わってはダメ、絶対!!

『マルチ商法ってどんな人がしているの?』
『金融詐欺に騙されないためにはどうしたらいいの?』

この記事はそんな方に向けて書いています。結論から先に申し上げますと、金融詐欺に騙されないためには、マルチ商法をやっている人に近づかない事です。

マルチ商法をやっている人は『夢』『ビジネス』『自由』という言葉が大好きです。

初対面からいきなり『夢』『ビジネス』『自由』とか言ってくる人には要注意です!アムウェイの記事が予想外に好評だったので、関連した記事を書いていきます。

今回はマルチ商法をやっている人の見分け方について解説します。

それではまいります。

マルチ商法をやっている人が好きな言葉3つ

夢ビジネス自由

マルチ商法をやっている人が好きな言葉は3つあります。

マルチ商法をやっている人が好きな言葉3つ
    1. ビジネス
    2. 自由

        『夢を実現しよう!』『どんなビジネスをしているんですか?』『自由に生きるのって最高ですよ!』こんな事を言われたら、本当に気を付けて下さい。順に解説していきます。

        マルチ商法をやっている人は『夢』が好き

        夢

        マルチ商法をやっている人達は、とにかく『夢』を語りたがります。『夢』をかなえるために努力をすることはとても大切だと思いますし、『夢』じたいを否定するつもりは全くありません。

        ただ、初対面や初対面に近い状態で、いきなり『夢』について熱く語ってくるのは普通ではありません。単純に、『普通』か『普通ではない』かで考えてください。

        普通ではありません。(キッパリ)

        • 権利収入
        • 不労所得
        • 働かなくても食べていける
        • あなたにとっていい事だから
        • こんな生活って最高じゃない!!
        • 一緒に夢を実現しよう!

        』についてひと通り語ったあとは上記のような言葉で、マルチの穴に引きずり込もうとしてきます。どれかひとつでも言われたら、一目散に逃げるようにしてください。

        マルチ商法をやっている人は『ビジネス』という言葉が好き

        ビジネス

        初対面の人から、『どんなビジネスをしているんですか?』と言われたら要注意です。普通なら、『お仕事は何されているんですか?』ではないでしょうか。

        『仕事』を『ビジネス』と置きかえて言ってくるのは、マルチ商法をやっている人の特徴のひとつです。『仕事』というと会社員(サラリーマン)を想像してしまいますので、『ビジネス』と言いかえる事でオシャレ感をかもしだしているのです。

        『私のビジネスは~』とか言ってくるヤカラには、『欧米か!!』と突っ込んであげることで撃退しましょう。

        マルチ商法をやっている人は『自由』が好き

        自由

        マルチ商法をやっている人の好きな言葉の最後は『自由』です。

        ・『毎日、満員電車に乗って会社にいってクタクタになるまで働いて、自由な時間なんてないでしょ?』

        ・『国や会社に依存する働き方って、危険じゃないの?』

        ・『自由な生き方って最高だよ!』

        そして、自由な生き方を手に入れるためには、これがオススメ!っとマルチ商法に勧誘してくるのがやつらの典型的な手口です。生き方は人それぞれなので、自由な生き方もいいんです、それは否定しません。ただ、そこに付け込んでくるやつらがいるんです。

        基本的には『自由』が大好きな人とは近づかないようにしてください。

        今いちばん熱いマルチ商法!

        いちばん熱いマルチ商法

        具体名を書くといろいろと問題があるのでにごして金額をかきます。

        『228000円』

        『490000円』

        この金額が要注意です。

        『228000円』も『490000円』も、ともに夢をかなえるための値段です

        今熱いマルチ商法!!
        1. 楽して儲けるための登録費用←228000円
        2. 楽して儲けるための方法がつまったUSBメモリ←490000円

        若いひとほど騙されやすいです。『228000円』も『490000円』も若いひとにとっては大金です。

        そんな大金はもっていないので払うことが出来ません。すると、マルチ商法のやつらは消費者金融会社で借りてくるようにすすめてきます。

        東京なら新宿、大阪なら心斎橋、名古屋なら栄、福岡なら博多、にある消費者金融会社にマルチ商法に騙された多くのひとが申し込みにきています。

        新宿、心斎橋、栄、博多、の店舗で契約したひとは初回借入金額が『228000円』と『490000円』のひとがたくさんいます。

        残念ながら、『228000円』『490000円』を払っても夢はかないません。絶対に騙されないでください。『228000円』と『490000円』の内容を少し具体的に説明します。

        228000円

        228000円はオンラインカジノのアフィリエイトの登録費用です。絶対儲かる副業、マイナスになる事はない、等と言われ勧誘されますが、具体的にどのような内容なのかは説明されてもよくわかりません。

        説明会に参加すると、一種の洗脳のような形で、やらないと損をすると思いこまされお金を振り込んでしまう人が多いようです。詐欺なので一度お金を振り込んだら、お金が戻ってくることは絶対にありません。

        490000円

        490000円は投資教材の入ったUSBメモリーの値段です。投資教材の内容は、『日経225の先物取引』や『FXのバイナリーオプション』などさまざまですが、確実に儲かるシステムだと説明されます。

        当然ながらUSBを購入してシステム通りにしても、全く儲かることはありません。大学生が先輩から儲け話があると勧誘され被害にあうケースが多いようです。

        まとめ

        まとめ

        マルチ商法に騙されないためには、マルチ商法をやっている人に近づかないことです。そのためには、マルチ商法をやっている人を見分ける必要があります。

        マルチ商法をやっている人は『夢』『ビジネス』『自由』という言葉が大好きです。Twitter、Facebook、インスタグラムなどのSNSのプロフィールに『夢』『ビジネス』『自由』と書いてあったら要注意です、近づかないようにして下さい。

        楽して儲かる方法なんてありません。お金と時間をドブにすてるだけですので絶対にやめましょう。

        貸金主任者 田中貸金主任者 田中

        今回は【かかわってはダメ、絶対!!】マルチ商法をやっている人の見分け方!!について解説しました。最後までお読みいただきありがとうございました。