カードローン業者比較

私はアコム在職中『どこのカードローン業者を使っても同じだろう』と思っていました。

理由はどこで契約しても適用される金利は変わりませんし(プロミスは昔から少し安かった)初回の限度額も平均で30万円前後、利用できるATM台数、サービス内容も同じような感じだったからです。

A社が30日無利息キャンペーンを始めればB社も始めますし、正直どこでも同じだろうと思っています。

ただし、良いサービスを他が真似をするなら消費者金融業界のサービス向上の質は上がっているので良い傾向とも言えます。

今回記事を書くに当たって徹底的に調査したことで、カードローン会社ごとに違いがあることに気づきました。

カードローン会社を徹底的に比較しました
  1. 決算書から見えてきた!人気を比較
  2. 消費者金融業者のキャンペーン内容を比較
  3. 契約機から見えるサービス内容
  4. 契約率の考え方
  5. まとめ

考え方や、選択の判断基準は多様性があると思います。金利の安さで選ぶのか、安心で選ぶのか、みんなが使っているから選ぶのか?

最終的にどこのカードローン会社が良いのかはあなたがジャッジしてください。判断するための材料は、もと中の人として豊富に出していきます。

ネット上に出ていない内容や、カードローン会社が公式に発表していない点も惜しみなく公開していきます。

会社名限度額金利審査時間 
プロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円まで4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円まで3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

アイフル800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

ベルーナノーティス300万円まで4.5%~18.0%最短30分
借入は24時間以内

申し込みへ

レディースプロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。

本当はどこの会社が人気?決算書から読み解く消費者金融人気を比較

カードローン比較

実際にどこのカードローン会社が人気なのか確認する方法をご存じですか?

各社の四半期決算で契約数や契約率、貸付金残高を公表しています。決算書の数字が消費者金融の順位づけをしているバロメーターです。

はじめはデータからカードローン会社の人気順ランキングを比較していきましょう。

消費者金融の順位付けは貸付金残高で行われています。貸付金残高とはお客さまに融資している金額の合計値です。

これ以外にも口座数は利用している方の人数が分かりますし、申し込み数から人気の高さをチェックすることができます。

データは2019年6月末の決算値から集計していますが、ネット上にアップされていない会社もあったので、3月で集計している会社もあります。

また、速報値の数字を拾っているので実際の決算データと差異がある場合もありますが、大まかに比較という点で確認してもらえればと思います。

貸付金残高
  1. アコム 8,320億円
  2. プロミス 7,851億円
  3. アイフル 3,744憶円
  4. SMBCモビット 2,695億円
  5. レイクALSA 406億円

各社の成績表とも言える貸付残高のトップはアコムという結果になっています。歴史のある会社が上位を占めていることがわかります。

この数字は消費者金融業界の健全値を数値化したものです。(保証債権、海外貸付債権、他ブランドは含まない)実質1位はアコム、2位はプロミスという結果になっています。

会員・口座数
  1. アコム 156万1千件
  2. プロミス 142万2千件
  3. アイフル 82万4千件
  4. レイクALSA 84万件
  5. SMBCモビット 47万1千件

口座数もアコムが1位です。次いでプロミスの順です。決算書の数字を転記していますが、レイクALSAは口座数と貸付金残高が合わないような気がしますが・・・。気にしないようにしましょう。

新規契約数(月間)
  1. レイクALSA 36,300件
  2. アコム 20,471件
  3. プロミス 19,930件
  4. アイフル 15,042件
  5. SMBCモビット 8,833件

新規契約数はレイクALSAが1番でした。(前回の決算内容では契約数と契約率が悪いと株主から意見があったようで改善させたようです)

SMBCモビットは月間の契約数の数値がなかったので、1年分の契約数から平均を割り出しました。カードローン会社は6月は需要月なので、実数はもう少し多いかもしれません。

消費者金融の登録番号から見える|本当の老舗会社は?

業者名登録番号
プロミス関東財務局長(12)00615号
アコム関東財務局長(12)00022号
アイフル近畿財務局(12)第00218号
レイクALSA関東財務局長(9)第01024号
SMBCモビット関東財務局長(7)第01239号
ベルーナノーティス埼玉県知事(2)第03865号

【2019年9月調査時点】

昭和58年に前身の貸金業規制法が成立し、この時点で貸金業者は金融庁に届け出をする必要がありました。昭和58年以前から営業している会社もありますが、ここでは登録番号で見ていきます。消費者金融業で歴史が長いのは上位3社(12)です。

登録番号は3年に1度(12)の数字が1つ増えます。本社や自動契約機が1都道府県内にある場合は都道府県知事の登録を受ければ良いのですが、都道府県をまたがって契約機を設置している業者は財務局長の許可が必要です。

上記のデータから見えるのは、上位3社の(12)が最長です。ベルーナノーティスは自動契約機を持っておらず、埼玉県内だけで契約手続きを行っているので埼玉県知事の登録を受けています。

この部分は貸金業務取扱主任者のテストにも出ます。もし、資格取得を目指している方がいたらがんばってみてください。

会社名限度額金利審査時間 
プロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円まで4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円まで3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

アイフル800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

ベルーナノーティス300万円まで4.5%~18.0%最短30分
借入は24時間以内

申し込みへ

レディースプロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。

カードローン比較1 web契約やアプリローンについて

アイフルのアプリの説明

続いて、実際のサービス内容を比較していきます。

冒頭でもお伝えしているとおり、カードローン業者のサービス内容は良いものが出来れば他社も同じことを始めます。サービスの向上は利用者からすれば嬉しい限りです。

このまま金利も10%くらいまで下げて欲しいものです。(現実的には難しそうですが)

私が入社した2002年は、自動契約機に行って申し込み⇨契約⇨カード発行が普通でした。各社そろって自動契約機の出店に力を入れていました。

現在は来店不要のweb完結で契約できるようになりましたし、最短30分審査、1時間融資も可能です。

もちろん郵送物不要、来店不要で契約できるので家族や会社に内緒でカードローン契約ができるようになっています。

また、スマートフォンがあれば、カード不要の『アプリローン』もあり、ほぼ24時間セブン銀行で入出金できます。

元々ATMで24時間利用できる業者はアコムだけでしたが、スマホのアプリローンが開始されてからどこの会社でも24時間借り入れも可能になりました。

深夜に仕事をしている方や、夜中の外出をする方には重宝するかもしれません。利用方法はスマートフォンをかざしてATMからお金を出金するというイメージです。

借入残高等の確認は各社ホームページ内で確認できます。

カードローン比較2 無利息キャンペーンの期間

無利息期間備考詳細
レイクALSA【60日間特典】60日間or180日間を選択 ※1web申込のみ60日間適用詳細
プロミス初回利用時の翌日から30日間無利息  ※2初回利用時の翌日から無利息期間スタート詳細
アコム新規契約時の翌日から30日間無利息契約日の翌日から無利息期間スタート詳細
アイフル新規契約時の翌日から30日間無利息契約日の翌日から無利息期間スタート詳細
ベルーナノーティス14日間無利息 何度でも14日間無利息 ※3何度でも14日間無利息キャンペーン適用詳細
SMBCモビットなしなし詳細

※1 ①WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間特典期間適用
※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
※WEB経由で申し込んだ方が対象です。
※WEB以外で申し込まれた場合は、初回契約翌日から30日間特典となります。

②お借入れ額5万円まで180日間特典期間適用
※ご契約額が1~200万円の方が対象です。
※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から特典期間適用。
※特典期間経過後は通常金利適用。
※30日間特典、60日間特典、180日間特典は併用不可。

※2 プロミスの無利息キャンペーン利用時は、Eメールアドレスを登録いただき、書面の受取方法をプロミスのホームページで確認を選択する必要があります。

※3 初めての契約は借り入れ日の欲時から14日間無利息。
完済後、前回無利息適用から3か月経過していて、再借り入れの場合、14日間無利息適用。

各社同じように無利息キャンペーンを実施しているものの、初回契約日の翌日からと初回利用日の翌日からではお得期間が違います
(利用した当日は金利がかからないため、翌日という表現をしています。)

無利息サービスについては、レイクALSAに軍配が上がりました。しかし、60日間特典期間申し込みはweb限定のサービスで、自動契約機で申し込みをする場合は30日間になります

レイクALSAに申し込みを検討している方はこちらから進むとお得です。

カードローン比較3 ATM利用手数料

プロミスATM

カードローン利用時、利息と別にかかるのがATM利用手数料です。ATM手数料がかかることをわかっていながらもコンビニで利用できるのは便利です。

消費者金融のビルに入りたくないという方や、会社のそばのATMには入りにくいという方もコンビニなら問題なく利用できますよね。

基本的には自社ATM手数料は無料ですが、コンビニ提携ATMや銀行ATMを利用する場合、都度手数料がかかります。

提携先ATM取引金額手数料
10,000円以下108円 ※1
10,000円以上216円 ※2

※1 消費税10%時は110円
※2 消費税10%は220円

一般的にはこのようになっていますが、一部提携先ATM手数料無料で利用できるカードローン業者も出てきました。

自社ATM利用手数料独自サービス提携先ATM利用料
レイクALSA無料提携先ATM手数料が全て無料無料
ベルーナノーティスなし提携先ATM手数料が全て無料無料
プロミス無料三井住友銀行の利用手数料は無料有料
アコム無料なし有料
SMBCモビットなし三井住友銀行の利用手数料は無料有料
アイフル無料なし有料

各社違いはありますが、提携先ATM手数料についてもレイクALSAが一番サービス内容が良いのが一目瞭然です。

ベルーナノーティスについては借り入れ時のATM手数料は無料ですが、借り入れまでは最短翌日で入金は自動引き落としを採用しているので微妙な点も残ります。

プロミス、SMBCモビットは三井住友銀行のATM手数料が無料なのはユニークなサービスで、プロミスは利用状況に応じてプロミスポイントが付与されます。プロミスポイントで提携先ATM手数料が無料になることもあります。

アコム、アイフルについては自社ATM利用は無料なものの、提携先ATM手数料はかかります。アイフルは自動契約機は多いものの、契約機に設置されているATMの比率は1/2程度なので、無料で利用できるATMコーナーは一番少ないと判断しました。

会社名限度額金利審査時間 
プロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円まで4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円まで3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

アイフル800万円まで3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

ベルーナノーティス300万円まで4.5%~18.0%最短30分
借入は24時間以内

申し込みへ

レディースプロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。

消費者金融5社の自動契約機一覧から比較

大手5社の自動契約機確認ページ

自動契約機の情報更新は毎月1度行っています。

消費者金融大手5社の全国の自動契約機を全て調査しました。1社当たり1,000コーナー以上自動契約機が設置されている会社もあります。

上記のATM利用手数料でも触れましたが、自動契約機が多い=ATMもあるので、契約した会社のATMを利用することで無駄な手数料を支払わずに済みます。

自社契約機銀行等契約機合計数特徴
プロミス約1,000か所約700か所1,700か所内装全てリフォーム済 清潔感があり銀行のようなイメージ
アコム約1,000か所約30か所1,030か所清掃は行われているが修繕費用にお金をかけていないイメージ
アイフル約900か所900か所自動契約機とATMを取り外しシンプルな作りが特徴
レイクALSA約760か所760か所営業時間が拠点ごとに違う 24時間店舗もあり
SMBCモビット約50か所約700か所750か所web申込に注力 自社契約機はカード受取機 銀行契約機が主流

※2019年9月調査 公式HP等で公表している自動契約機の件数を元に算出しています。

プロミスとSMBCモビットは完全にSMBCグループ(三井住友銀行)の子会社なので、銀行契約機は全て開放されています。

そのため、プロミスが国内で一番契約できる拠点が多いです。プロミス自体が持っている契約機(約1,000か所)と銀行契約機(700か所)を合わせると全国に1,700か所、契約機とATMがあります。

また、SMBCモビットの株式はプロミス(正確に言えばSMBC銀行のものかもしれませんが)が持っているので、同じように三井住友銀行の契約機を利用できる反面、SMBCモビットの契約コーナーを減らしている傾向が見られました。

アコムはMUFGグループ(三菱UFJ銀行)ですが、経営自体は銀行と別です。唯一アコムだけが消費者金融業界で創業者が経営している会社です。三菱UFJ銀行の契約機はアコムへほぼ開放されていません。(全国で20台ほど)

現在のカードローン契約はweb契約へシフトしていますが、自動契約機もまだまだ需要があります。

契約機コーナーの内装をお金をかけてリフォームしているプロミスは居心地の良さを覚えますし、アコムは大規模な修繕をしていないものの、人の手による清掃をしていることがわかります。

アイフルについては自動契約機やATMを取り外して、極力費用をかけないシンプルな契約機になっています。

レイクALSAは自動契約機ごとに営業時間が違うユニークな取り組みをしています。24時間営業しているコーナーもあります。(22時以降の申し込みの回答は翌日)

契約機の台数に応じてATMも設置されています。最近はコンビニATMで利用するユーザーも多いですが、ATM手数料は払いたくない!という方は契約機の多い業者を選んでみてはどうでしょうか?

店頭窓口(相談窓口)の有無

店頭窓口

店頭窓口を設置している会社はプロミス、アコム、アイフルの3社です。3社とも全国で20件前後の店頭窓口を用意されています。

店頭窓口に行く用事はさほどないと思いますが、このような場合は便利です。

店頭窓口の役割
  • 新規契約、解約手続き
  • 最終回の千円未満の金額の清算
  • 返済相談
  • 契約の不明点の確認

    困ったことがあったら、店頭窓口に行くと解決するケースが多いです。各社の店頭窓口はこちらから確認できます。

    1. 全国のプロミス店頭窓口(有人店舗)一覧|窓口の営業日・営業時間まとめ
    2. 全国のアコム店頭窓口(有人店舗)|営業時間と店頭窓口の場所一覧
    3. アイフルの店頭窓口と自動契約機|全国19か所ある店頭窓口一覧

    新規契約率はプロミス、アコムが高め

    契約率はプロミス、アコムが高め

    大手3社アコム、プロミス、アイフルの決算書から読み取れる新規契約率は40~45%前後で推移しています。(全体で見ているので、40%超えは高めです)

    最大手の方が契約率は高い傾向にあります。レイクALSAやSMBCモビットが発表している契約率は30%前後ほどです。

    なぜ最大手の方が契約率が高いかと言うと、大手の方が資金力が豊富でリスクを取れるからです。

    例えば、信用情報に傷があったり、総量規制に抵触していて、どうにもならない場合は契約を断りますが、①収入が少ない②仕事をはじめたばかり③大学生でアルバイトなど、契約が難しそうな場合も大手の方が契約してくれる可能性が高いのです。

    契約金額自体は10万円など少額になりますが、①確実に本人申し込み②年齢が申し込み条件内③仕事をしている(安定した収入がある)場合、契約は通る可能性が高いです。

    最近では、信用情報でも延滞という異動情報が解消になっていれば契約してしまう強気な姿勢も見せています。テスト的に契約をしてみて『問題なく利用してもらえている』と判断しているのでしょう。

    よく、『審査に不安なら街金がおすすめ!』とか『中小の消費者金融がおすすめ!』というモノを見ますが、街金の貸付残高は10億円規模の会社も多く、上場できていない会社です。

    お金を借りる契約なら、安心できる会社で利用したいですし、返済が遅れて怖い思いはしたくない方が大半でしょう。

    街金は利用方法も不便で毎回銀行振込とか、延滞連絡をしても相手方が電話中が多かったりとか、個人的にはおすすめできません。

    カードローン会社比較 まとめ

    カードローンはどこの会社を選んでも良い

    今回の比較では、各社の限度額比較や利率比較を提示しませんでした。理由は、貸付条件表の極度額や利率はあまり意味がないからです。

    カードローン契約は初回契約金額は30万円前後が一般的で、利率は18.0%でスタートするケースが9割以上を占めています。

    例えば、公務員で勤続10年以上あって年収が1,000万円を超えている。電通や三菱商事で10年以上勤務している。

    このような消費者金融が好む属性の方なら、初回から限度額300万円ということもありますが、彼らの方が反対に『そんなに限度額はいらない』と言います。

    少しでも安い金利で利用したい場合はプロミスがおすすめです。初回から少し安い17.8%で利用できます。

    提携先ATM利用料を考えるとレイクALSAでしょうし、アコムなら21時に契約機に来店しても、その場でクレジットカードが発行できる会社です。

    系列特徴
    プロミスSMBCグループ初回から利率は17.8%。利用に応じてプロミスポイントが貯まる(提携先ATMが無料になる)
    レイクALSA新生銀行グループ特典期間は60日。提携先ATM手数料は無料
    アコムMUFGグループ21時に来店しても、即日クレジットカードが発行できる。応対品質の良さは業界1位。消費者金融1位の会社
    SMBCモビットSMBCグループweb契約が得意。郵送物不要、電話連絡不要のweb完結も人気。三井住友銀行ATMなら利用手数料無料
    アイフル独立系カードローンに加え、おまとめローン、不動産ローン、事業者ローンなど、商品ラインナップは業界1多い
    ベルーナノーティスベルーナグループ大手通販会社ベルーナが親会社。何度でも14日間無利息が利用できる。
    78歳まで申し込み可能。配偶者の同意を書面で取得できれば専業主婦も申し込み可能。
    会社名限度額金利審査時間 
    プロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

    申し込みへ

    レイクALSA500万円まで4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

    申し込みへ

    モビット800万円まで3.0%~18.0%10秒簡易審査

    申し込みへ

    アコム800万円まで3.0%~18.0%最短30分

    申し込みへ

    アイフル800万円まで3.0%~18.0%最短30分

    申し込みへ

    ベルーナノーティス300万円まで4.5%~18.0%最短30分
    借入は24時間以内

    申し込みへ

    レディースプロミス500万円まで4.5%~17.8%最短30分

    申し込みへ

    会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。