カードローンは何社までなら借りられるか

少し気になる『カードローンは何社までなら借り入れがあっても契約できるの?』というお話です。

貸金主任者ひな貸金主任者ひな

当社では4社までなら契約可能としていますが、最近は4件以上借り入れがある方を見るケースはほとんどありません。

貸金業法が制定される前から4社までの借り入れなら審査をしていましたが、現状は総量規制によって年収の1/3以上の借り入れができなくなりました。

この両方をクリアしている必要がありますが、大抵の人は総量規制の方が先にひっかかってきます。

詳しく確認していきましょう。

スポンサーリンク

借り入れは何件あると審査に通らないの?

消費者金融は4件以上借り入れがあると契約できないいわゆる、貸金業者と呼ばれる会社からの借入だと、4~5件がギリギリのラインになります。大手の消費者金融会社では、他の貸金業者からの借入件数が5件以上だと融資不可という自主規制を設けています。

ただし、審査の基準はカード会社によって違いますので、まずは申込をしてみるという方法もありです。

冒頭でもお伝えしたとおり、現在の状況では借り入れ件数よりも総量規制の方が先に制限にかかることが多いです。

元々、消費者金融は総量規制が導入される前から審査基準を作っていて、現在もその基準が残っていると考えればわかりやすいかもしれません。

会社名最大限度額金利審査時間 
プロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

レディースプロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

千葉銀行最大800万円1.4%~14.8%最短翌日

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。

借入件数や借入金額は正直に言った方がいいの?

審査のときに借り入れ件数や借り入れ金額は正直に言うべきでしょうか?

カードローンの申込書や入力フォームには必ず借り入れ件数と金額を申告する場所があります。個人的には、何のために申告させているんだろうと思っています。

情報センターを照会すれば必ずわかることなのに、自己申告をしてもらって整合性を取っているだけじゃないの?とずっと思ってきました。

なので、借入件数や借入金額は、正直に言わずにウソをついても必ずばれます。

申込をすると、カードローン会社は審査の時に信用情報機関に申込者の信用情報の確認をします。信用情報には、氏名、生年月日、自宅住所、勤務先情報、携帯番号、免許証番号まで載っています。

さらに、借入残高や返済の履歴まで載っていますので、申告した内容がウソかどうかはすぐに分かってしまいます。どうせ、ウソをついてもばれてしまいますので、借入件数や借入金額は正直に話をした方がよいでしょう。

下手にウソをついて心証が悪くなってしまうと、他の事でも何かウソをついているのではないかと疑われてしまいます。

そうなると、審査にはマイナスとなってしまうので気を付けましょう。

1~2件の借入であれば、通常は審査には大した問題ではありません。堂々と自身の借入について申告をして下さい。

貸金主任者ひな貸金主任者ひな

借り入れは恥ずかしいことではありません。そんなことを言ったら私たちは恥ずかしい会社で働いていることになってしまいます。堂々としましょう!

借入件数が多いか少ないかは人それぞれ!

例えば、45歳、男性、結婚していて家族は妻と小学生の子供が2人のAさんがいたとします。一方で、20歳、フリーター、親と同居しているB君がいます。

Aさんは大手印刷会社に勤めていて、年収は700万円です。B君はコンビニと運送会社でアルバイトをしていて、年収は300万円です。

審査担当の目線で考えれば、Aさんがカード会社3社で200万の借入があっても、借入が多いとは思いません。でも、B君がカード会社3社で90万の借入があったら、借入が多いかも・・・と思います。

なので、B君が新たにキャッシング会社に申込をしても審査に通らない可能性があります。

年齢だったり、年収だったり、勤務先だったり、返済状況だったり、一概には言えませんが、B君よりはAさんの方が審査には通りやすいと言えるでしょう。

理由は、カード会社が審査のときに重要視しているのは、借入件数ではなく返済能力だからです。

では、B君はカード会社に申込をしても、審査には通らないのでしょうか?そんなことは決してありません。

総量規制の範囲内の10万円までなら審査に通る可能性は十分にあります。

ですので、年収300万のB君は100万円までは借りられる可能性があります。現在90万の借入があるので、あと10万円ですね。

借入が100万円を超えてしまうと、別に収入が確認できるものが書面で必要になります。

給料明細書、源泉徴収票、納税通知書、確定申告書、などです。

借入が100万円までは特に収入を確認する物は必要ありませんので安心して下さい。

参考:【決定版】貸金業法の総量規制を貸金主任者がわかりやすく解説!

まとめ

・カード会社からの借入が1~2件なら審査にまったく問題はありません。

もし、審査に落ちてしまった場合は借入の件数ではなく別の原因と考えてください。

・カード会社からの借入が3~4件なら、審査に影響をあたえる可能性はあります。

ただ、審査に通らないわけではありません。

・カード会社からの借入が5件以上の場合は、大手の消費者金融会社では審査に通りません。

中小の消費者金融会社なら審査に通る可能性はあります。

会社名最大限度額金利審査時間 
プロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

レディースプロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

千葉銀行最大800万円1.4%~14.8%最短翌日

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。