キャッシング知識

お金を借りる契約をキャッシングともカードローンとも言いますが、意味合いは同じものです。

キャッシングとカードローンの違いは?
  • キャッシング=お金に換える(クレジットカード機能のキャッシングを指すことが多い)
  • カードローン=カードを発行して、決められた限度額の範囲で繰り返しお金の出し入れをする契約を指す

私の前職は消費者金融ですが、入社当時は社員全員がキャッシングと呼んでいましたが、本社からの連絡で『ご利用の手引きは全てカードローンに書き換えました』とアナウンスされてことを今も覚えています。

キャッシング、カードローンどちらも同じ意味なので、この点は気にする必要がありません。

今回はカードローン・・・・・・の利息計算と、計算しなくても概算で金利がわかる方法を確認していきましょう。

キャッシングの金利と毎月の返済額について

キャッシングの金利と毎月の返済額は?

貸金業法は法律で金利の上限を決めています。金利は利用金額ではなく、契約極度額(カードの上限枠)で利率を設定しています。

  • 限度額が10万円未満・・・20.0%
  • 限度額が100万円未満・・・18.0%
  • 限度額が100万円以上・・・15.0%

消費者金融では、限度額100万円未満は18.0%、100万円を超えたら15.0%になるというイメージです。そして、初回限度額の平均は30万円~50万円なので、ほぼ18.0%が採用されます。

カードローンの金利は実質年利が採用されており計算式があります。

50万円を18.0%で借りた場合の1カ月の金利
(借りている金額)×(年率)×(1年※うるう年は366日で計算)÷(利用日数)
50万円×18.0%×365日÷30日=7397.26027395….
キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

上記の上が計算式で下は実際の数字を入れたものです。

実質年率の計算方法は統一されています。プロミス、アイフル、モビット、アコムどこで借りても計算式は同じです。

反対に、上記の計算式以外で年率を計算している業者がいたら貸金業法違反で捕まります。

小数点以下は切り捨てなので、この場合1カ月の金利は7,397円です。

計算しなくても簡単な利息確認方法

金利18.0%は10万円借りたら1カ月の利息は約1,500円です。毎回計算をしなくても、これだけ頭に入っていれば大丈夫です。

20万円借りたら3,000円、30万円借りたら4,500円、50万円借りたら7,500円。先ほどの50万円の利息計算とも一致します。

金利15.0%の場合は10万円ごとに1,200円を上乗せすると1カ月の利息が出ます。

毎月の返済金額と元金が減る仕組み

利用しているカードローン会社によって多少の前後はあるものの、返済金額は借り入れ金額の3%前後に設定されていることが多いです。

10万円借りている場合は3,000円、50万円の場合は15,000円です。

この返済金額を多いと感じるか少ないと感じるかは個人の金銭感覚ですが、見落としがちな点は上記の金利の計算方法を照らし合わせてみると利息マジックが見えてきます。

借入金額1カ月の利息返済金額元金減少
10万円1,479円3,000円1,521円
20万円2,958円6,000円3,042円
30万円4,438円9,000円4,562円
40万円5,917円12,000円6,083円
50万円7,397円15,000円7,603円

ある法則が見えますでしょうか?

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

金利18%は返済金額の半分が利息になっている点を事前に知っておきましょう。

単純計算だと50万円借りたら完済まで100万円かかるの!?』と感じそうですが、実はそうではありません。初めは元金と金利の返済の比率は50%ですが、元金が減ってくると利息が減って、元金の減りが多くなってきます。

50万円借りて、15,000円ずつ返済した場合の総額の支払い金額は約750,000円前後です。借りた金額の半分の金額を利息として支払う金額と覚えておくと良いかもしれません。

30万円の場合、総支払金額は45万円、70万円の場合は105万円、こんなイメージです。

そこで、カードローンの繰り上げ返済は効果的な返済方法です。過去にプロミスをもとに繰り上げ返済をおすすめする理由という記事を書いていました。併せて参考にしてみてください。

【参考:プロミスの返済額と返済回数|繰り上げ返済をおすすめする理由

毎回の返済金額が少ないを良いと見るか?支払金額が少なくなるのを良いと見るか?

私が実際に消費者金融の窓口で仕事をしていたとき、お客さまに「返済金額が少ないから助かる」という言葉をかけてもらいました。

手元にまとまった現金がなくてカードローンを利用されているので最もな意見ですが、長い目で見て、早めの完済をして利息支払いを少なくするのか、手元に現金がないから毎月の支払い金額を少なくしたいかは、それぞれの判断になってくるでしょう。

どちらが正解ということもありません。どちらも正解で、それぞれの考え方があると思います。

ただし、金融知識として知っているのと知らないのでは雲泥の差があります。約定やくじょうの返済を続けて将来的に支払う金額を理解できかどうかで行動も変わってくると思うのです。

今回は、計算しなくてもカードローンの金利や支払額がざっくりわかる!をテーマにしました。

カードローンを計画的に利用していても、予測できない事態が起こるのも人生です。借り入れを常に軽くしておけばフットワークも軽く対応できますが、常に重たいと緊急時に俊敏に行動できなくなることもあります。

カードローンに頼り切った生活にならないように心がけましょう。