現代人の生活はお金がないと破綻してしまいます。人は追い込まれると冷静な判断ができなくなる生き物で、ダメだとわかっていてもヤミ金からお金を借りてしまうこともあります。

すぐ返すから大丈夫だろう』『来週には返済できるから大丈夫だろう』このような甘い判断が、債務者から容疑者への第一歩になってしまうこともあるのです。

貸金業協会ではこのような事実を昔から周知しています。貸金業業界の機関紙、月間消費者信用の情報を元にヤミ金被害者が加担させられた特殊詐欺事件を追っていきます。

特殊詐欺のために銀行口座を開設した夫婦を逮捕

少し古い事件ですが、大分県で特殊詐欺用の銀行口座を売り渡した夫婦が逮捕された事件が起こりました。報道ではこのように報じられました。

大分市に住む警備員の男性(当時62)と妻(当時49)がネット銀行に口座を開設し、キャッシュカードなどを搾取したとして詐欺容疑で逮捕された。

大分県警生活環境課の調べによると、夫婦が複数の金融機関で作った口座は数十件にのぼる。

この夫婦は複数のヤミ金業者に借金がある多重債務者であった

ヤミ金業者から「返済を免除するから口座を作れ」と迫られたそうだが、最初からこの借り手を陥れることを念頭に置いていたのではないだろうか。

世の中、うまい話が転がっていることはまずありません。借金の免除の代わりに銀行口座だけ作って、「はい終了」ということはなく、この夫婦は罪の意識もないまま振り込め詐欺の片棒を担ぎ逮捕されました。最悪の事態だったと言えます。

専門家に相談していれば防げた事案

月間消費者信用はこのように続けています。

ヤミ金融の被害を法律の専門家などに相談していれば犯罪者にされる前に問題は解決できたかもしれない。やはり金融リテラシーの醸成が急務と言えよう。

結局、この大分の事件では、口座を作った夫婦は逮捕されたものの、実行犯の逮捕には至っていないようです。

特殊詐欺に使われている口座はこうやって作られる

使えそうな資料としてマンガを保存していましたが、何のマンガか思い出せませんでした。出典が出せませんがご了承ください。

ホームレスも戸籍はありますので売れるものは売ってしまおうと考える人が多いのかもしれません。

いや、冷静に自分がホームレスになったことを想定してみると戸籍が売れるなら売ると思います。例えそれが犯罪に使われると分かっていても背に腹は代えられない。

世の中に貧富の差がある限り、このようなことは続くのでしょう。

1つ言えることは犯罪者の片棒を担ぐことはやめた方がいいということです。

借金まみれで借りられないのか?過去に断られているだけなのか?

一般的に闇金でお金を借りる人は多重債務者ではないかと思われていますが、そうとは限りません。

仕事をしていない期間どうしても5万円必要だったり、1~2回消費者金融に申し込みをしてみたものの断られてしまい「自分は借りられない」と思い込んでいる人もいたりと事情はさまざまです。

借金まみれ(お金の借り過ぎ)の場合は法律の制限で借りることはできませんが、それ以外の場合は正規業者に申し込みをしてみるとすんなり契約できるということもあるかもしれません。

道を踏み外してしまう前に消費者金融などの正規業者に申し込んでみましょう。

それでダメなら他に方法はありません。闇金で借りたり、クレジットカード換金業者を利用すると最悪の事態を招くことがあるのです。

会社名最大限度額金利審査時間 
プロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

モビット800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

レディースプロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

千葉銀行最大800万円1.4%~14.8%最短翌日

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。