東京ミネルバ法律事務所倒産【東京ミネルヴァ法律事務所代表:川島氏】

過払い金請求のCMを大々的に打っていた東京ミネルヴァ法律事務所が破産しました。最高裁が『過払い金は返還するもの!』という判決を出してから法曹界では過払い請求バブルが始まり、法律事務所が雨後のタケノコのように生まれました。

消費者金融相手の過払い金請求案件はボロい商売だったことでしょう。どこの会社も言う事聞いて支払いするし。過払い金請求は弁護士が行う貧困ビジネスです

過払い金請求によって起きた事件
  • 世間一般的に過払い金請求という言葉が一般的になった
  • テレビCM、ネットなどで広告を打つ事務所が増えた
  • 借金がなくなって人生の再建をできた人が多数!
  • 武富士は倒産
  • アコム、プロミスなどは銀行の資本に入って難を逃れた
  • アイフルはADR(裁判外裁判)今も喘いでいる
  • 消費者金融の中小企業軒並み倒産。闇金が一時的に暗躍
  • 2008年頃から消費者金融の貸し渋りが始まる

東京ミネルヴァは過払い金請求や債務整理に強い法律事務所が、他人のお金を流用して破産したという、とんでもなくマヌケな話です。ミネルヴァの救いは債務整理に強い法律事務所なので、自分たちで破産手続きできたことかもしれません。

そして、東京ミネルヴァ法律事務所破産の背景には元武富士社員の兒嶋(こじま)という黒幕の存在があります。この人間が本当に悪いやつです。

弁護士の貧困ビジネス
  1. 過払い金請求は弁護士の貧困ビジネス
  2. ミネルヴァに依頼した人は過払い金が戻らない
  3. 黒幕の兒嶋氏とは?
  4. 兒嶋氏が武富士を倒産させた張本人か?

この事件はデイリー新潮がスッパ抜いたものですが、ミネルヴァの破産だけでなく、数々の犯罪が連鎖して起こるべくして起きた事件です。ぜひ最後までお付き合いください。

東京ミネルヴァ法律事務所51億円の負債!流用は31億円

ミネルバ法律事務所

2020年6月24日、ミネルヴァ法律事務所は破産手続きを開始の決定がなされました。負債は51億円、資金流用は31億円。弁護士事務所の規模ではないレベルの大きな金額です。ちなみに事件番号は令和2年(フ)第3841号。

東京ミネルヴァ法律事務所は、テレビCMでも過払い金請求をバンバン流していた大手法律事務所です。代表の川島浩弁護士は破産報道される数日前から一部の関係者以外との連絡を一切断ち、雲隠れしていたようです。

良心の呵責に耐えられず苦しんでいたとか、自殺説があったようですが、法律事務所の経営が悪くなったのは、昨日今日起きた問題ではないためトップとして軽率な行動です。

川島弁護士は司法試験をパスした秀才なんでしょうが、頭の中は少し子供のようです。今まで散々、消費者金融から巻き上げてきたお金を流用して、自転車操業が回らなくなったら雲隠れとは調子が良すぎます

ちなみに弁護士事務所の破産は無限連帯責任になるようで、法律事務所が破産しても個人に債務が降りかかるようです。ぜひ、自己資産を全て投げうって欲しいものです。ミネルヴァが資金流用したせいで、消費者金融から受け取った過払い金を受け取れない債務者がいるのですから。

黒幕は元武富士社員の兒嶋氏

川島氏がマヌケな弁護士なら兒嶋氏は悪い人間、この事件には黒幕が存在します。この人、元武富士の支店長だった社員です。どのような経緯で武富士を辞めたかまでは報道されていませんが、武富士の機密文書を持ち出して会社を辞めています。

機密文書とは顧客情報です。顧客情報は新規契約日、借り入れ残高、次回返済日、延滞日数、他社利用件数と金額がわかります。つまり、持ち出した名簿は確実に過払い金が出る債権です。つまり兒嶋氏は武富士の機密情報を弁護士に売る商売を始めたわけです。武富士を退職して、リーガルビジョンという名前の士業専門の広告代理店を開業しました。(正しく言えば前身のDSCという会社が出資法で捕まり、受け皿会社としてリーガルビジョンが設立された)

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

とにかく真っ黒。本当に悪い人間なんです。

消費者金融業界関係者なら、借り入れ件数、他社借り入れ金額や新規契約日を見れば、過払い金の有無が数分でわかります。つまり、来月の支払いすらきわどい顧客に連絡して『もう、返済する必要ないんですよ。受任費用は無料なので、弁護士を紹介しましょう』と言えば、飛びついてくることは容易に想像できます。

しかも、過払い金が500万円手に入る可能性もあります。会社休んででも今すぐ弁護士事務所に来てください』こんな強引なやり方でも来る人は多かったでしょう。相手は明日もどうなるかわからない多重債務者なんですから。

こんなおいしいリストを持ち出して兒嶋氏は武富士から退職金を受け取って退職します。

この事実は2020年6月に東京ミネルヴァ法律事務所が破産したことで川島弁護士が暴露した内容ですが、これが事実なら兒嶋氏は犯罪者です。

兒嶋氏の犯罪は・・・
  • 特別背任罪
  • 業務上横領
  • 窃盗罪
  • 秘密保持成約違反?
  • などなど

    久々にこんな悪い人を見ました。もしかしたら、兒嶋氏の情報漏洩で武富士は倒産したのかもしれません。そう考えると損害賠償請求の対象です。ただ、武富士はすでに倒産して日本保証という不動産専門の審査会社になっています。

    リストの存在は絶大

    リストの力は絶大【出典:闇金ウシジマくん】

    上記は、情報商材を販売するセミナー組織の話なんですが、基本は同じです。(講師のモデルは与沢翼でしょうね)

    不特定多数が閲覧する広告より、一人に向けて連絡するリストの方が効率は良いのです。しかも、弁護士事務所に来ればお金がもらえる可能性が高いという話。断る理由があるでしょうか。

    スポンサーリンク

    武富士は過払い金請求で倒産している

    カードローン業者比較

    アコムもプロミスもアイフルも、レイクALSAも未だ過払い金請求に悩まされています。武富士は倒産、アイフルは事業再生ADRを行い、プロミス、アコム、レイクALSAは自己資本での経営が微妙になり、銀行の子会社になりました。

    キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

    現役消費者金融社員、ひなさんの話では大手会社は累計で1兆円以上過払い金を支払ってきたという話です。よく潰れないなと感心したものです。

    実は、現時点でも過払い金請求によって利益が圧迫されている消費者金融なんですが、とある大手消費者金融では『もう、面倒くさいから過払い金対象になる分、全部返金しようか?』という案が取締役会で出たようです。

    これが2019年の話ですが、計算したら2兆円もあるということで『そんなん完全に破産するわ!請求が来たものを対応しよう』という話になったようです。

    キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

    つまり、申告があったものを対応する分には何とかなるけど、一気に請求が来たら潰れてしまうということです。

    兒嶋氏が武富士から持ち出したリストを元に多重債務者に連絡を取っていたなら、武富士に過払い金請求が集中しているはずです。武富士が倒産した理由は兒嶋リストという考え方もできるのです。

    確かに武富士は問題が多い会社だったけど・・・

    同期の間でも、武富士は怖いというのが通説でした。常に本社の空気がピリピリしていることを感じ取りました。学生の頃、そのことを知らずに入社試験を受けますが、ところどころにその片鱗はありました。当時、新宿に本社ビルがあった武富士ですが、他の会社とは違う雰囲気を出していましたね。

    当時、知り合いに武富士の支店長をしている人がいました。目標数字に届かなくて自分の携帯から21時過ぎに顧客に督促している人もかなりいたようです。(貸金業法違反)

    また、比較的簡単に支店長に昇進できたようですが、営業数字に届かなければすぐに降格。降格したら周りの支店長のさらし者になるという話も聞いたことがあります。

    すでに破産している会社なので暴露しますが、当時の武富士は消費者金融の1位でした。1位というのは利用者も多く、貸付残高も多いということです。

    その会社が2010年に破産したんです。当時2位のアコム、3位のプロミスは破産せずに今も営業しています。兒嶋リストが武富士にとどめを刺したと思えて仕方がないのです。

    当時から週刊誌で、社長の武井氏が自社にとって悪い記事を書く記者の自宅を盗聴したとか、武井氏が札束を並べてバカラで豪遊したとか、強烈なパワハラ、高島平団地の主婦貸付で大きく業績を伸ばした半面、自殺者も増えたとネガティブな報道は多かったものの、突然破産するようなことではないのです。

    スポンサーリンク

    リーガルビジョン

    【出典:デイリー新潮】

    御大層にも情熱大陸に似せて作った、社内向けの動画だそう。デイリー新潮の記事には、兒嶋氏が川島弁護士を脅しているとも取れる通知が見つかっています。しかも通知書の内容からは知的には見えず、パソコンで入力したと思われる文章に誤字がある始末。

    兒嶋氏は武富士を退職して、過払い金専門の広告代理店を立ち上げます。当初の売り上げは自身が持っていた武富士リストです。この貧困ビジネス、債務者は借金の苦痛から逃げられますし、弁護士も儲かって、兒嶋氏も儲かる三方良しの関係が出来上がったわけです。

    みんなで黙って犯罪をしているうちは良かったんですが、2020年にミネルヴァがギブアップして、やっと問題が表面化しました。

    理由はリーガルビジョンの報酬が高かったことが原因でしょう。通常、過払い金請求の弁護士の取り分は過払い金の20%前後が相場です。これに対してリーガルビジョンは20%以上の成功報酬をむしり取る、まさにハイエナのようなビジネスを10年以上展開していたのです。

    兒嶋リストで過払い金請求営業
    リストがなくなったのでテレビCMや、ネット広告を使って集客
    リーガルビジョンの成功報酬額は変わらず20%超
    東京ミネルヴァ法律事務所債務超過

    概ね、このようなイメージだと考えられます。川島氏もリーガルビジョンに顧客からの報酬以上に支払っているわけですから、自転車操業なことは十分に理解していたはずです。

    本来、債務者を救済するべき弁護士が、自転車操業をして、全責任を兒嶋氏に押し付けるなど極めて卑劣で、同情の余地はないでしょう。

    この事件が表面化するまで、かなりの時間がかかりましたが、関係者は全て裁かれるのではないでしょうか。

    考えられる問題点
    • 武富士はすでに破産している
    • 過払い金権利者に資産の分配は終了している
    • 親告罪なら被害者不在という話にも

    これ以上のことは、警察や裁判所などが動くんでしょうが、兒嶋氏をこのままにしておくことは考えにくいのかな?と個人的には考えています。

    まとめ

    2008年頃から2018年の10年間は過払い金バブル期と呼んでいいでしょう。能力のない弁護士、司法書士も冠があればメシを食えた時代です。しかし、バブルには必ず終わりがやってきます。

    そもそも、弁護士がカネ儲けに走った時点でこの話は終わりだったのかもしれません。東京ミネルヴァ法律事務所が破産した背景には、新規の過払い金請求事件が入ってこなかったことが原因です。

    今、世間が懸念していることは第二のミネルヴァが出てくるのではないか?ということですが、可能性は十二分にあるでしょう。債務整理を専門に行う法律事務所が債務超過になるというマヌケな話ですが、私たちは必要以上に弁護士を優秀だと勘違いしているのかもしれません。

    ミネルヴァ事件は弁護士の借りパクが原因なので、お粗末としか言いようがありません。弁護士がどれほど反省して、兒嶋氏の存在を暴露しても罪が消えることはありません。(兒嶋氏に目が向くことは当然ですが)弁護士が債務整理をできる立場を利用し、あたかもお金が戻ってくる可能性を示唆した貧困ビジネスであり、同情の余地はありません

    債務者に返還されるべき過払い金を、一時的とはいえ、事務所の運転資金として流用していたことに良心は痛まなかったのでしょうか?少なくとも破産する前に何度も立ち止まれるチャンスはあったはずです。

    このような事件が起きることで、弁護士の信託保全が義務になったり、決算や会計が厳しくなる可能性があります。

    どちらにせよ、10年前に消費者金融が整理されましたから、次の弁護士事務所の番でしょう。収益の上がらない事務所は当然のように破綻します。大きな社会問題になるかもしれません。

    スポンサーリンク