クレジットカード現金化、安全?危険?

クレジットカードの現金化』という言葉を聞いたことはありますか?なんとも怪しい感じで、胡散臭さすら感じますよね。

 

消費者金融やクレジットカード会社から付与されたショッピング枠で、換金性の高い商品を購入して、クレジットカード現金化業者に買い取ってもらうのが『クレジットカードの現金化』です。

 

クレジットカード現金化業者は、大手を振って『優良店』と堂々と宣伝をしています。ここまで堂々としていると合法なものか違法なものか判断がつきません。今回は『急にお金が必要になったらどうする?』『クレジットカード現金化業者は安全なの?』を確認していきます。

 

クレジットカードの現金化とは

クレジットカード枠現金化って何か怖い

分かりやすく説明すると、あなたのキャッシング枠が10万円、ショッピング枠が30万円のクレジットカードを持っていたとしましょう。10万円は今月使う予定があって、すでに引き出せない状況だとします。

 

あと5万円ほど利用したい場合、ショッピング枠は余っているものの、キャッシングの枠がないので、ショッピング枠で買い物したものを換金して現金を手に入れる。これがクレジットカードの現金化です。

 

換金業者によっては現金化の方法はさまざまです。

 

主な現金化業者の方法
  • 換金性の高い商品を購入させて、商品を業者が買い取る
  • 業者の専用ページにログインさせて、おもちゃのような商品を買わせる
  • 指定された商品を購入して現金が振り込まれる

 

昔からあるクレジットカード現金化業者は、換金性の高い商品を購入させて、それを買い取る方法です。つまり、質屋や金券ショップ的な方法で手数料を得ているモデルです。

 

主な換金性の高い商品
  • 新幹線のチケット
  • 商品券
  • コンサートチケット
  • 電化製品

 

例えば、新幹線のチケットを往復で買うことはあると思いますが、東京-大阪間の往復新幹線のチケットを10枚まとめてクレジットカードで購入すると不自然です。

 

また、人気アイドルグループのチケットをまとめて10席分まとめてクレカ決済するのも不自然で『現金化しているんじゃないの?』とクレジットカード会社は疑います。

※購入したコンサートチケットはダフ屋に渡り、新幹線のチケットは金券ショップに並んでいると想定しています。

 

しかし、この時点では違法ではありません。理由は、あなたがクレジットカードを使って、購入した商品をプレゼントしても違法ではありませんよね。購入した商品の使い道は購入者次第なので、自分で使っても転売しても違法とは言い切れません。

 

しかし、カード会社は、換金性の高い商品の購入を確認した時点であなたのカードをストップすることがあります。

 

カードを停止する理由は、クレジットカードの換金を認めないという規約を、各金融機関が決めているからです。クレジットカードの利用規定に抵触しているからです。しかし、換金性の高い商品を買ったという状況証拠にしかなりません。つまり、あなたがシラを切り通せば換金すること自体に問題はないとも言えます。

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

また、クレジットカード枠の現金化を認めてしまうことは貸金業法の総量規制に抵触します。カードローン会社がこれを容認すれば、総量規制違反となり、クレジットカード会社が行政処分の対象にもなるでしょう。

 

現金化業者の最近の手口
  1. 自社でおもちゃのような商品を5万円で販売(原価100円ほど)
  2. あなたに5万円の決済をさせる
  3. 換金率80%、あなたは4万円が手に入る
  4. 8万円欲しい場合には5万円×2つのおもちゃを購入する

 

あなたが2つ買った場合、業者は200円の原価で2万円の利益を得たことになります。あなたは80%の換金率でお金が手元に来る訳ですから嬉しいかもしれません。これがクレジットカード現金化業者のビジネスモデルです。

※このビジネスモデルはキャッシュバック型とも呼ばれています。

 

 

クレジットカード現金化の問題点

 

上記で説明したように、実際に価値のあるものを買い取っているのか、価値のないものを購入させて利益を得ているのかは業者のやり方により変わります。

 

しかし、価値のあるものを転売する場合、金券ショップとやっていることは変わらないので、リスクを冒してまでカード現金化業者が金券ショップをやるとは考えにくいのです。

 

もう少し詳しく説明すると、金券ショップは街のあちこちにあり、換金性の高いチケットを何も言わずに買い取ってくれます。

この場合、金券ショップはあなたがお金が欲しくてクレジットカードで商品を買ってきたことは知りません。

しかし、クレジットカード現金化業者の場合、『お金を渡すから商品を買って欲しい』と説明するわけですから、この時点で違法性があると考えられます。

カード現金化業者が危険を冒してまで金券ショップをやる必要があるのか?という点です。つまり、多くのクレジットカード現金化業者は、価値のない商品を高額で購入させ、差額の手数料を収益にしていると考える方が妥当でしょう。

 

クレジットカード現金化業者は、生業なりわいとして、商品の対価としてお金を渡す。手数料を引いている時点で貸金業者に当たります。(登録をしていなくても貸金業の罰則対象になる)そして、クレジットカード現金化業者は、手数料を取って商売をしている以上、手数料=利息とみなすのが妥当です。

 

つまり、5万円の商品で1万円の手数料を取っている時点で年率は20%、いえ1日の利息として考えるなら1年分の金利を1日で稼いでいると考えられるのです。大げさかもしれませんが7,300%の金利を1日分払った計算になります。

 

そもそもクレジットカード現金化業者は違法なの?

現金化業者違法。利用しない勇気を

ここまで説明すると、違法性が高いように感じてきます。考え方の違いかもしれませんが、私は貸金業務取扱主任者の試験やカードローン会社の実務の中で、クレジットカード現金化業者は違法なものと認識しています。

 

しかし、ウィキペディアは曖昧な回答になっています。

「客の需要に応じた商行為」であり、限りなくグレーゾーンではあるが違法ではないという考え方がある一方で、「実質的には貸金業に該当する」という東京弁護士会の意見書が日本国政府(衆議院・参議院・金融庁・経済産業省・消費者庁・警察庁)に提出されるなど、違法とする考えもある。実質的な金利が法定利息を超えた闇金融レベルであることもある。

このような事態に対して関係省庁は「カード現金化は違法」として取締に動いている。2011年8月、警視庁は出資法違反(高金利の受領など)容疑で「キャッシュバック型」でショッピング枠を現金化していた男を逮捕し、11月に懲役3年執行猶予5年の有罪判決が言い渡された。2017年11月、千葉県警・秋田県警・京都府警は出資法違反でフリマアプリメルカリを舞台に、クレジットカード現金化を目的に現金を額面以上の金額で出品していた男女4人を出資法違反で逮捕した

【参考:メルカリで現金を出品しているアナタ!出資法違反で逮捕されます

 

法とは別に、カード会社の会員規約では換金を目的としたショッピング枠の利用を禁止しており、それに違反した場合はカードの利用停止・強制退会、残債の一括請求をカード会社が行える約款を制定している。日本クレジット協会も、クレジットカードの現金化を行わないよう、公式サイト等を通じて利用者へ呼びかけをしている

【出典:ウィキペディア

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

ウィキペディアの回答は、少し的が外れている気がします。

 

クレジットカード現金化の業者が、出資法違反で逮捕されている以上、違法業者の可能性が高いことがわかります。こちらのニュースでは商品価値のないものを数万円で購入させて、差額を顧客に渡しているビジネスモデルですが、悪質性が高く、2011年8月にはじめて逮捕された事例です。

日本経済新聞:カード現金化、出資法違反容疑で逮捕

 

 

クレジットカード現金化業者は貸金業者扱い

クレジットカード会社と同業扱い

商品の売買で現金のやり取りをするクレジットカード現金化業者は、事実上、貸金業に当たり、貸金業登録をしていない時点で違法に当たります。そして、貸金業法において、業者登録をするためには以下の条件を満たす必要があります。

 

貸金業の届出に必要なもの
  • 純資産5,000万円以上保有
  • 貸金業務取扱主任者の設置
  • 本店営業所の届け出

 

クレジットカード現金化業者は、そもそも要件を満たしていないでしょう。新規の貸金業への参入は参入障壁が高く、専門知識がなければ営業しているのは大変な業界です。

 

クレジットカード現金化業者が騒がれていないのは、警察が積極的に動いていないからであって、大きな問題が起これば一斉摘発をする可能性もあるのです。ネットで堂々で営業活動をしていますので、捜査当局が本気を出せば一網打尽という結果もあると思います。

スポンサーリンク

 

 

クレジット現金化業者を利用したときのリスクは?

利用者側のリスクは?

悪質なクレジットカードの現金化業者が逮捕されることになっても、顧客まで逮捕されることは考えにくいと私は思っています。

 

しかし、クレジット現金化業者は顧客リストを持っているはずです。業者が、刑事事件に絡む問題を起こしているような場合、また、出資法違反をして被害者がいる場合に参考人として警察に呼ばれる可能性があることを理解しておく必要があるでしょう。

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

つまり、クレジットカード現金化業者を利用するのはリスクしかないということです。急にお金が必要で、お金を作る方法が現金化しか思いつかなったとしても、一度落ち着いて他に方法がないか考えてみましょう。

 

2018年になってから、大手消費者金融では審査内容に大きな見直しが入りました。カードローンの審査に不安がある方や、新たにカードローンの申し込みをするのは面倒。と思っている方は必見です。

【参考:ブラックでもお金を借りられる?ブラックでもカードローンが契約できる理由

 

つまり、リスクの高いクレジットカード現金化業者を利用しなくても、カードローンに申し込みをした方が良いということです。

 

クレジットカードを持っている=信用があります

カードローンがおすすめ!その理由は

一度カードローンの申し込みをしても断られてしまうと『私は審査に通らないんだ』と悲観的になってしまうものです。カードローンの審査に落ちたことを誰かに知られることはありませんが、審査落ちの連絡は結構ヘコむものです。

 

しかし、あなたがクレジットカードを普通に利用できているなら、信用取引ができている証拠です。消費者金融の審査は緩くなっていると言うと怒られますが、常に柔軟な姿勢を見せています。

 

特に消費者金融の申し込みは面倒くさいと思っている方は、試しに一度申し込んでみることをおすすめします。プロミスならお試し診断で3秒で結果が出ます。来店不要で審査結果もわかりますし、来店不要で最短1時間で借り入れも可能です。

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

カードローンの審査結果は、ネットのみで確認ができます。3秒審査ならその場で仮結果がわかります!

 

【参考:来店不要で即日お金を借りたい!忙しいあなたにウェブ完結がおすすめ

 

プロミスなら来店不要!最短1時間融資

限度額 借入利率 申込条件
500万円まで 実質年率4.5%~17.8% ●20歳~69歳まで
●本人の安定した収入要


24時間ネットやスマートフォンから申し込みOKです。土日祝日もネットから申し込みできるので、急な出費にはプロミスがおすすめです。はじめに、こちらから生年月日、年収、他社借り入れ額の3項目を入力するだけで、簡易的に借り入れの可否をシミュレーションできます。


申込に必要な書類は上記のとおりです。ネット申し込みなら、スマホで撮影した本人確認書類をアップロードするだけです。



来店不要で契約できるweb完結や、契約後にプロミスカードを自動契約機で受け取ることを選択することもできます。SMBCグループのプロミスは、最短30分審査!最短1時間で契約できますよ。

cashing_kouzakaisetu

 

ネット申し込みに強いSMBCモビット|来店不要で借り入れまで可能です

SMBCモビット

限度額 借入利率 申込条件
1万円~800万円 3.0%~18.0%(実質年率) 満20歳~69歳までの安定した収入がある人

SMBCグループのSMBCモビットは、24時間ネットやスマートフォンからの申し込みが可能です。


申込時に必要な本人確認書類

収入証明書類 審査内容により、収入証明書の提出が必要な場合もあります。


SMBCモビットはこんなあなたにおすすめです!
チェック契約機に来店してる時間がない・・・
チェック自動契約機に行くのは近所の目が気になる
チェック今月少しだけ給料がピンチ

こんな場合も安心して申し込みができます。※1審査は最短30分で完了!さらに※2お急ぎの場合はコールセンターに連絡して審査時間最短3分なのは嬉しいサービスです。

※1 申し込みの曜日、時間帯によっては翌日以降の取り扱いになる場合があります。

※2 平日9:00~14:50までに手続き完了の場合。

 

審査に不安な人は、10秒簡易審査で仮審査の結果を確認することもできるのは嬉しいサービスです。SMBCグループのSMBCモビットは安心して申し込みできますよ。

 

SMBCモビットの申し込みはこちらから開始できます。

口座開設

 

カードローンの審査に通らなかったら

一般的な意見として、『大手でダメなら中堅企業へ』『審査甘々の会社はココ!』と案内されることもあると思いますが、今の大手消費者金融で審査落ちするなら、審査に落ちる理由が必ずあるはずです。

 

信用情報に絡む内容か、総量規制に絡む内容かはわかりませんが、今のあなたの収入で新たな借り入れをすると返済できなくなる可能性があると判断されている訳です。今すぐお金が必要という状況かもしれませんが、何社申し込んでも断られる場合『断られる理由がある』ことを客観的に判断して頂ければ幸いです。そして、できることなら借り入れ以外の方法で状況を打破ください。

 

このような言い方をされれば、気分が悪くなるかもしれませんが、返済のための借り入れを考えている場合、すでにオーバーローンになっている可能性もあります。あなたの状況を客観的に判断してくれるかもしれません。こちらの法律事務所は無料で相談に乗ってくれますし、全国規模で対応してくれる法律事務所です。

 

債務整理の相談は親身になってくれる東京ミネルヴァ法律事務所がおすすめです

東京ミネルヴァ法律事務所

東京ミネルヴァ法律事務所は『無料で何度でも返済相談が可能』です。弁護士事務所は通常30分の相談で費用が発生しますが、東京ミネルヴァ法律事務所は全て無料なので安心して返済相談ができます。

 

借金問題は誰にも相談できないものです。信頼できる法律事務所を選びたい、費用は安い方が良いと考えている人が多いでしょう。

 

東京ミネルヴァ法律事務所は、全国で17000件以上の借り入れ問題を解決してきました。債務整理の前に『過払い金はあるか?』から調査してくれるのであなたの経済的な負担も最小限で済みます。

 

こんな心配はありませんか?

チェック借金の返済ができない・・・弁護士費用も払えない・・・

チェック家族や会社に内緒で相談できますか?

チェックブラックリストに載らない法的整理はあるの?

 

相談や依頼は日本全国どこからでも申し込み可能です。解決案件が多い法律事務所なら安心して任せられます。

 

債務整理、過払い請求、破産や民事再生など、弁護士が状況を把握して、あなたに合った解決策を提案してくれます。しっかりと面談して、納得した上で債務整理をお願いしましょう。

解決までの流れ

 

債務整理費用

  着手金 報酬金 減額報酬 過払い金報酬 その他
任意整理 50,000円 1件20,000円 減額の10% 回収額の20% 弁護士費用の分割払いも相談可能。
過払い請求 回収額の20% 遠隔地での訴訟は実費+日当がかかります。

 

裁判系費用

  着手金 報酬金 その他
自己破産 500,000円 実費は別途請求。
個人再生 300,000円 300,000円 15件まで報酬金変わらず。

※詳しい着手金や報酬金の確認は弁護士事務所で詳細を確認してください。

 

一見高そうに見える弁護士費用も、全国平均と比較すると東京ミネルヴァ法律事務所は平均的です。もちろん、債務整理を検討している場合、まとまったお金がないことも多いかもしれません。分割払いで返済していく方法も提案してくれますので、『毎月の返済に無理を感じている・・・』『借金の返済のために借金をしている・・・』という場合、専門家に相談することをおすすめします。

 

債務の整理までお金がかかるのはツラいところですが、現状を放置しておいて良いことは1つもありません。借金を毎月払っていても現状が良くなることはありません。あなたが一歩踏み出した勇気が未来につながります。

 

返済の悩み無料相談フォームはこちらから進めます。

cashing_口座開設