闇金と契約しちゃった。どうしたらいい?

金融庁から登録を受けていない非正規業者全てを『闇金』といいます。利用者の方の中には、すぐに返済できると思った。こんなつもりではなかったと契約してしまった方も多いのではないでしょうか?

ひと昔前の闇金と違い、今の闇金は手口が巧妙化しています。

ヤミ金の特徴
  1. 妙に対応が優しい
  2. 社会人的口調で督促してくる
  3. 返済方法の提案をしてくれる

闇金は運営者は暴力団だったり、アングラ組織だったりしますが、表に出ているのは何も知らない雇われた人間たちです。

事務所や店舗を実際に構えていたり、従業員が働いていることもありますが、彼ら自身は自社が闇金と理解しておらず営業しているパターンもあります。(実はこれが厄介です)

結果から言えば、法外な利息を請求してくる時点で貸金業法、無効な契約扱いになります。

ただし、契約を解除する、無効にするにはエネルギーがいりますし、専門家の力を借りる必要があります。今回は、闇金と契約してしまった場合の解決策を提案していきます。

闇金との契約は貸金法上無効

闇金との契約は貸金法上全て無効

貸金業法が改正された背景には、①消費者の利益を保護する、②悪徳業者の排除、③高金利の撤廃です。不特定多数の利用者にお金を貸して、金利を受け取る事業は全て貸金業になり、法定金利を超える契約をしてはいけないと法律に明記されています。(名目は金利、利息、手数料と名前を問いません)

法定金利とは?
  • 借入額10万円以下は実質年率20.0%以下
  • 借入額100万円未満は実質年率18.0%以下
  • 借入額100万円超は実質年率15.0%以下
  • 延滞した場合は、延滞日数に応じて20.0%以下

あまりこまかく説明すると困惑する方も多いと思うので概要を説明しました。ただし質屋だけは例外です。質屋でもお金を借りることができますが、質草(担保)分だけ借り入れが可能なことと、返済できない場合は、質草を流すことで返済が終了したとみなすからです。

このような事情から、ネット上でも、友人の紹介でも、外で見かけた看板でも『お金を貸します』と広告している業者の多くは闇金であることが多いのです。

結果から言えば、法定金利を超える契約は無効になるため、返済をする必要もなく、借りたお金をそのままもらっても問題ありません

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

法律はこのように明記していますが、そのとおりにいかないのが闇金の怖さです。

ちなみに登録を受けている業者は下記の表の業者です。名前を聞いたことがある業者が多いと思います。カードローンを契約する場合は、下記の正規業者を利用してください。

会社名最大限度額金利審査時間 
プロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

レイクALSA500万円4.5%~18.0%最短15秒で審査結果表示

申し込みへ

モビット800万円3.0%~18.0%10秒簡易審査

申し込みへ

アコム800万円3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

アイフル800万円3.0%~18.0%最短30分

申し込みへ

ベルーナノーティス300万円4.5%~18.0%最短30分
借入は24時間以内

申し込みへ

レディースプロミス500万円4.5%~17.8%最短30分

申し込みへ

会社名クリックで申し込み※申込時間により翌日以降の可能性有。

闇金は借用書や脅しを使って返済させようとする

闇金は借用書の効力や会社に電話するなど、あらゆる手を使ってきます

闇金によっては借用書を作成する会社や、運転免許証のコピーだけあれば契約する会社など対応はさまざまなようですが、共通している事項は借りられる金額が10万円以下と少ないことです。

本来10万円借りた場合の月の利息は1,600円前後ですが10万円借りて1万円の金利を払っているなら闇金確定です。

このように、金額が小さいので違法な金利だと感じない利用者も多いのが闇金の特徴です。

厄介なことに、督促をしてくる人が自分たちは違法なことをしていないと本気で考えていることも闇金の問題です。

闇金の言い分
  • 返済できない方が悪い!
  • 契約書や借用書で契約内容は事前に告知している!
  • 返済すると約束した!
  • 何が何でも取り立ててやる!

彼らの思考回路はこのようになっていることが多く、お金に困ってるときに貸してあげた!返済できない方が悪いと考えています。そのため、返済の約束をしながら入金できないと、あらゆる手段で返済を迫ってきます。

会社に電話をしてきて嫌がらせをしたり、今月の返済ができなかったらジャンプ(今月分を利息を元金に組み込んでしまうこと)して来月の支払いに回すなど、一見親切にも感じますが、闇金のよくやるパターンです。

闇金は自分たちが正しいと教育されている

闇金に顧問弁護士がついていることもある

闇金や詐欺グループの手口は実に巧妙化していて、最近では闇金側に顧問弁護士がついていたり、相手方から裁判を起こしてくるケースもあります。先ほど説明したように、彼らは自分たちが正しいと本気で思っている証拠です。

弁護士から連絡が来ることに慣れていない方が多いでしょう。弁護士から通知が来るとビビるのが普通です。このような手口で闇金グループは交渉も自分たちの進めやすい方法を取ってきます。

闇金を解説

闇金をマンガで解説

上記は嘘食いというマンガの一説ですが、こんなわかりやすい闇金はほとんどいません。闇金が自分たちが正しいと認識している以上、内容証明を送付しても、契約解除通知を送付しても無駄で、素人がプロ相手に戦うのは困難なんです。

専門家に相談するしか手はない

闇金専門の弁護士

弁護士によって専門分野が異なります。債務整理に強かったり、離婚調停を専門に行っていたり、相続専門、不動産関係専門など。Duelパートナー法律事務所はヤミ金専門の法律事務所です。

闇金と直接交渉して、あなたの債務を帳消しにしてくれるはずです。最近ではキャッシングだけでなく、給料ファクタリングやクレジットカードの枠の買い取りなど形を変えた闇金が存在しますが、一人で悩んでいるより専門家に相談することで問題が一気に解決します。

闇金は経験豊富ないわば、アンダーグラウンドのプロが運営しています。『こう言われたら、こう言い返せ』というマニュアルもあることから、素人が付け焼刃で反論しても勝ち目はありません。

経験豊富な闇金対策のプロに全てお任せした方が安心した生活が送れるようになることでしょう。