アコム公式HP

アコムの審査で重視されるポイントや、審査に落ちてしまう人の特徴や審査通過の可能性を上げるための具体的な対策を解説していきます。

こんな不安はありませんか?
  1. アコムへの申込みを考えているけど、審査で何が確認されるか分からず心配
  2. 審査に落ちる原因を理解した上で申込み対策をしたい
  3. アコムの審査通過率を知りたい
  4. 審査通過のために気をつけるべきポイントを具体的に知りたい

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

上記の3秒簡易審査からチェックしてみて、問題なければ申し込んでみるのが簡単な解決方法です!

ただ、『それを言ったらお終いよ』なので、詳しくアコムの審査内容を確認していきましょう。

記事の流れ
  1. アコムの審査は何を確認している?
  2. アコムが審査で重要視している部分は何か?
  3. 審査通過率はどれくらい?
  4. 審査に落ちてしまう人はこんな人
  5. アコムの審査Q&A

この流れで説明していきます。ぜひ最後までお付き合いください。

アコムという消費者金融の概要についてはこちらの記事で詳しく説明しています。主に利用方法や契約後に困らないようにするには?という内容です。

【参考:アコムはどんな会社?はじめてのアコムの前に確認したいこと

アコムの審査はどのようなことが確認される?

アコムの審査内容を徹底的に確認していきましょう!

カードローンの審査は、どうしても厳密でハードルが高いものというイメージがありますが、アコムの審査で重視されるポイントは以下の通りシンプルです。

決して、申込みを尻込みするほど厳しいものでも、不条理な理由で落とされたりするものでもありません。まずは安心して下さい。

  • 申込者本人が融資希望額に見合った返済能力を持っているか
  • 個人信用情報に金融事故の記録がないか

 

アコムの審査が行われる理由は、「申込者が借りたお金を滞りなく返す返済能力があるかどうか」を判断するためです。重要な部分は上記の2点です。

裏を返せば、申込み条件を満たし返済能力や信用情報に問題さえなければ、審査通過は決して難しくありません。

アコムの申込み条件

アコムの申し込み条件

【出典:アコム公式HP

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

こちらの条件を満たしていれば体感的には審査に通るイメージです。もし、アコムの申し込み条件を満たしていて審査落ちしたなら、何か問題があるはずです

続いてアコムが審査で重視している点について詳しく説明します。上記内容は合致しているのに審査落ちしている場合、ここに答えがあるかもしれません。

アコムの審査で重視される項目やポイント=限度額等に直結する部分

審査で重要視される項目や限度額が決まる項目について

アコムでは、審査にあたって次のような点を重点的に確認して精査しています。

重要視される審査ポイント!
  • 勤務先や年収などの属性と返済能力の高さ
  • 家族構成や住宅ローンの有無などの生活状況
  • 個人信用情報に金融事故などの問題がないか

 

これらが重視される理由を理解することは、審査通過を考える上で特に重要なポイントとなります。1つずつ詳しく見ていきましょう。

勤務先や年収などの属性と返済能力の高さ

年収は重要項目。ただし年収だけで決まる訳ではない

前提として押さえておきたいのが、アコムの審査では「年収が高い=返済能力が高い」とは簡単に判断されない点です。

審査において返済能力は「年収、職種・業種、役職、雇用形態、勤続年数」などで総合判断され、特に安定した収入があるかどうかが重視されます。

年収がいくら高額であっても、毎月の収入や報酬にムラがある、収入がない月があるといった方の場合は、毎月決まった日に収入があるサラリーマンや公務員と比較して審査が不利になるケースがあります。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

申し込み条件にある安定した収入の定義は『変動しない収入が毎月入ってくるかどうか?』と読み替えて良いでしょう。この定義があるので公務員や会社員は有利で、自営業者や会社経営者は限度額が不利になることがあるんです!

※経営者は市場環境によって収入が悪くなることがあるため。

また、パートやアルバイトのような非正規雇用であっても、毎月決まった額の収入が見込めるorすでに一定期間安定収入を得た実績がある場合は、返済能力に問題なしと判断される可能性が高いです。

審査において、具体的にどのような項目が重視されるかを以下の表にまとめていますので、申込み前に一度チェックしてみて下さい。

項目内容重要度
年収年収が高いほど高評価
職種・業種職業ごとに判断基準は異なる。基本的に公務員や上場企業勤務ほど評価が高く、会社経営者や自営業者、フリーランスは低い評価となる傾向
勤続年数勤続年数が長いほど高評価
勤務先の事業規模事業規模が大きいほど高評価
雇用形態アルバイトやパート、契約社員、派遣社員より正社員が高評価
持家か賃貸か持家の方が賃貸よりも高評価。ただし、住宅ローンの残高などによっては持家でも審査に良い影響を与えない場合もある
役職役職がある方が高評価×

全て審査でチェックされる部分ですが、役職については管理画面から入力する箇所がないので×にしました。(年収と勤務年数、会社規模で判断している)

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

また、勤務期間などは長ければ高い限度額が出る傾向にありますが、勤務0カ月でも契約できる可能性は十分あります。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

ただし、『今月勤務したばかり』だと、こまかくヒアリングされます。

勤務年数が短くても、客観的に見て勤務している(仕事をしている)ことが確認できれば審査落ちになる可能性は低いと考えて良いでしょう。

まずは気構えず申込みを検討してみてください。

個人事業主の場合は収入が安定しない傾向があるので審査に不利になることもあります。(限度額が低くなるという意味)

しかし、年収や事業所・事務所の有無、事業実績(年数)などを総合的に判断して問題がなければ、審査において大きな障害とはなりません。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

申告する年収は『税込み年収です!』手取り年収を申告する方が多いですが、自分で審査を不利にしてしまいます。税金が引かれる前の金額を申告しましょう!

信用情報に事故情報などの問題がないか

信用情報の事故は致命的

信用情報とは、CICやJICCなどの信用情報機関が管理する、ローンやクレジットなどの申込みや契約、借り入れ金額に関する情報です。

ローンやクレジットに関する申込み状況や契約内容、残高、支払い履歴などが記録されているため、アコムは審査の際、信用情報機関で申込者の返済能力を判断する情報を照会しています。

ここで重要となるのが、信用情報に事故情報がある場合、その時点で審査通過は絶望的または非常に困難です。

事故情報とは異動情報とも呼ばれるもので、長期間の延滞・遅延、強制解約、代位弁済、債務整理(自己破産、任意整理等)など、信用情報機関にネガティブ情報として登録されるものです。

債務整理の情報登録がある場合は即審査NGです。

クレジットカードの支払いや他社借入の返済、スマートフォンの割賦契約代金などを延滞した経験がある場合は、審査通過に影響があることを覚えておきましょう。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

スマホ料金を60日延滞すると事故情報が書き込まれます。しかし、アコムの場合は支払いを済ませれば審査に通る可能性がありますよ!

また、個人信用情報の中には事故情報の他にも、審査NGにつながる数々の情報が登録されています。

個人信用情報で審査に大きな影響を与える可能性のある項目をまとめていますので、申込み前に一読して、当てはまるものがないか確認してみてください。

事故情報

事故情報

内容

信用情報への登録期間

長期延滞

2~3ヶ月以上の長期延滞※1

5年

代位弁済

債務者に代わり、保障会社や利害関係にない保証人以外の第三者が金融機関に返済を行うこと

5年

債務整理

任意整理、個人再生、破産など

5~10年

※1 JICC消費者金融系の延滞は91日以上の延滞、CICクレジットカード系は61日以上の延滞。

審査へ影響を与える情報

他社借入件数

他社借入件数が5社以上ある場合、審査通過に多大な悪影響を与える可能性大。申込み前に他社借入件数や借入残高を整理して減らし、借入件数を3件以下に収めることを推奨

他社借入額の合計

アコムの融資は総量規制の対象となるため、すでに年収の3分の1以上の融資を受けている場合、申込み不可となる

 

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

直近6カ月以内の消費者金融等への申し込みの記録、24カ月以内の延滞情報なども記録されていますが、消費者金融の審査では気にされない項目です。審査へ影響を及ぼす情報は「実際に借り入れをしている金額」です。

家族構成や住宅ローンの有無などの生活状況

家族構成や住宅ローンの有無、居住地域なども影響する

アコムの審査では、家族構成や自宅が持家か賃貸か、住宅ローンを組んでいるか否かなど、生活状況を確認した上で総合的な審査の判断をしています。

申込者の生活状況を総合的に見ることで、より正確に返済能力を判断するためです。

例えば、独身で持家かつ住宅ローンがないといった方の場合、扶養家族もなく毎月の家賃負担もゼロなため、経済的に余力があると判断され、生活状況が審査に良い影響を与える可能性があります。

また、既婚で扶養家族が多く、家計に占める割合の大きな住宅ローンを組んでいる方などの場合は「返済の余力があまりない=返済能力が低い」と判断され、生活状況が審査でマイナスに働くケースもあります。

生活状況は、申込み時に申請する借入希望額に対し、無理せず滞りなく返済できる経済的余力があるかどうかを判断する項目です。

アコムの新規申込の審査通過率はどのくらい?

マンスリーレポート

審査通過率とは申込み総数に対して審査に通過した数の割合のことを指し、審査の通りやすさを判断する目安となるものです。

ただし、アコムでは審査通過率が未公開のため、ここでは公表されている新規貸付率を解説します。

新規貸付率は「新規申込者総数のうち、審査に通過し実際に融資を受けた人の割合」を示すもので、再契約や増額融資などの審査の数は含まれていません。

そのため、初めての申込みを検討している方にとっては、審査通過率より参考になる数値だと言えるでしょう。

アコムの新規貸付率は、アコム公式サイトのIR活動マンスリーレポートで確認できます。

2019年2月末現在のマンスリーレポートを見ると、2018年10月~2019年2月の5ヶ月間の新規貸付率平均は44.2%です。少し乱暴ですが、申込者10人のうち4~5人は審査に通り融資を受けているということですね。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

この新規貸付率を見て「意外に低いな……」と感じるかも知れませんね。

しかし、この数値の元となる新規申込み数には、そもそも申込み条件を満たさない申込みや、信用情報にネガティブ情報があることに気付かず申込んだものなども含まれます

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

審査落ちの40%くらいが、ほぼこれです。『契約できるかもしれない!申し込んでみよう!えいっ!』みたいなノリの方も多いです。中には、毎月挑戦される強者もいます。その方が1年で12回審査落ちすれば断り数は1人で12です。そんなカラクリもあります。

事前に申込み条件や信用情報をしっかり確認して審査に臨めば、新規貸付率の数値より高い確率で審査通過ができると推測できます。

あまりシビアに考えず「新規申込み全体の4割程度は審査に通っているのか」と参考にする程度で問題ありません。

本審査が不安な場合は3秒審査で借入可能かチェック!

アコム公式HP

3秒診断は「年齢、収入(総支給額)、他社借入状況」の3項目を入力することで、申込み前に融資を受けられる見込みがあるかどうか簡単に診断できるツールです。

情報を入力して送信しても信用情報に記録されるなどのデメリットはないため、「本審査前に融資可能か簡単に確認したい」「申込前に不安を解消したい」という方は、気軽に利用してみるとよいでしょう。

ただし、3秒診断は、本審査で重視される信用情報や生活状況などの項目が加味されない簡易診断なので、実際の審査結果と異なる診断が出ることもあります。

あくまで申込みの目安、検討材料と割り切って活用して下さい。

審査に落ちてしまう人の特徴と申込時の4つの注意点

アコムの審査で特に重視されるのは主に「申込者の返済能力」と「信用情報に問題がないか」の2点です。これを踏まえてどのような人が審査に落ちやすいのか、その特徴を具体的に解説します。

アコムの審査落ちする人の特徴
  • 総量規制に抵触している(借入額合計が年収の3分の1を超えている)
  • 信用情報に事故情報の記録がある
  • アコムを含めて多重申し込みをしている(これは撤廃された)
  • 申込時に悪質な虚偽記載がある(なりすまし等)
  • 過去5年以内に自己破産などの債務整理を行っている
  • 申込条件の年齢を超過している(または未成年)
  • 収入がない(無職、専業主婦など)

 

これらのいずれかに該当する場合、審査に落ちる可能性は高いと考えておきましょう。

上記の中でも審査落ちの原因として特に多いのが「総量規制に抵触している」「信用情報に事故情報がある」「無職」の3点です。

1.借入金額の合計が年収の3分の1を超えている

総量規制オーバー

アコムのカードローンは貸金業法で定められた総量規制の対象となります。

総量規制とは、貸金業者からの借入金額の合計を年収の3分の1に制限するもので、借りすぎ・貸し過ぎを抑制・防止するための法律です。

この総量規制の関係上、アコムへの申込み時段階で、すでに他社借入金額の合計が年収の3分の1を超えている場合、新たな借入ができないため審査落ちとなります。

借入金額が年収の3分の1に近い、もしくは超えた状態で申込を検討する際は、他社借入を繰上げ返済するなどして、借入残高をできるだけ減らすことが大切です。

参考:【決定版】貸金業法の総量規制を貸金主任者がわかりやすく解説!

2.信用情報に事故情報が記載されている

信用情報に事故情報有り

信用情報に債務整理(自己破産、任意整理、個人再生、特定調停等)や、代位弁済などの事故情報が記載されている場合、まずアコムの審査を通過することはできません。

これは審査において「事故情報の記録がある=貸付リスクが非常に高い申込者」と判断されるためです。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

信用情報を一言で説明すればお金の通信簿です。通信簿がない1年生は問題ありませんが、素行が良くないと契約できないというイメージです。

しかし、債務整理を行うと一生アコムへの申込みができなくなるかというと、そうではありません。

債務整理の事故情報が記録として残るのは登録から5年~10年です。

登録期限を過ぎると、アコムが信用情報を照会しても債務整理の記録が確認できないため契約できる可能性もあります。

もし、債務整理や代位弁済後にアコムの申込みを検討する場合は、5年以上の時間をおき、信用情報に事故情報が残っていないことを確認した上で行うようにしましょう。

また、アコムの審査には事故情報について「延滞の事故情報があっても即審査落ちとならないケースがある」という特徴があります。

延滞していた借入金や割賦金を支払い、信用情報に延滞解消の記録が残っていることが条件となりますが、アコムの審査では延滞の事故情報が即審査落ちにはつながらず、審査が続行するケースがあります。

3.当日中に複数の金融商品へ多重申込している

極端に悪質でなければOK

信用情報には、カードローンやクレジットカードなどの金融商品への申込み情報も、事細かに登録されます。

申込み情報が短期間に複数存在すると、多重申込みと判断され審査落ちの原因となります。

多重申込みが審査落ちにつながる理由は「当日に複数社で細かく借入を行う必要がある=金策に走るほど経済的に困っている」から審査に落ちてしまう。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

と、以前までは言われていました

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

以前は申し込みブラックと呼ばれていたものですが、すでにこのルールは撤廃されました!ちなみにチェックされるのは当日中の申し込み情報です。昨日分の申し込み件数は気にしません。

自動与信するシステムに内容が組み込まれたためです。当日中に申し込みカウントがあっても契約するパターンが多いです。

そうは言っても借り回りをする人は今もいるようで、何件か契約して回ってそうな雰囲気でも契約だけはしています。

翌日信用情報を取得し直して、借り入れが総量規制超になっている場合は解約される可能性もあります。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

多重申し込みが原因で審査落ちになることはありません。安心してください。

4.申込内容に虚偽の申告がある

申告は正直な方がいい

「審査にできるだけ有利な申込みをしたい」「総量規制に引っかかりそう」などの理由から、年収や他社借入件数・借入額、雇用形態、職種・業種などをごまかして申込みする方も少なくありません。

結論から言えば、虚偽の申告はまず間違いなく発覚し、審査落ちの原因となります。

特に他社借入件数や借入額などは、信用情報を照会すれば丸分かりです。これらの情報は総量規制に密接な関係があります。

場合によっては悪質な虚偽申告は、審査落ちになる可能性もあることも覚えておきましょう。

また、その他の項目についても、すべて返済能力や生活状況を総合的に判断する大切な情報ばかりです。

にもかかわらず、これらの項目について正しい情報を申告しなければ「融資に必要な信用や誠実さがない申込者」として、審査担当が必要以上に疑ってきます。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

もしかしたら、ここも嘘なんじゃないか?こっちも疑わしく見えてきたなぁ・・・。のように疑心暗鬼になります。

また、万が一虚偽申告の申込みで審査を通過し契約にいたったとしても、契約後に虚偽が判明した場合、規約違反に該当するため強制解約や一括返済を迫られる可能性もあります。

申込みの際は、どんなに審査に不安があっても虚偽申告は行わず、正直に正しい情報をアコムに提出することを心がけてください。

キャッシングアドバイザー久保キャッシングアドバイザー久保

アコム側も契約したいんです!

正直な申告をすれば寄り添ってくれることもありますが、虚偽申告が多いと信用できない!と思われてしまうかもしれません!

審査に通るために押さえておきたいポイント:必要書類は有効期限を確認して準備しておく

書類の有効期限を確認して準備しておきましょう

アコムでは、申込みにあたって本人確認書類と、必要に応じて収入証明書の提出が求められます。

この書類や証明書の提出で特に気をつけなければならないのが「有効期限」の部分です。

有効期限切れの書類や証明書の提出は、再提出まで審査をストップさせるだけでなく、場合によってはあなたの審査が後回しにされてしまう可能性もあります。

提出書類は申込みの準備段階で有効期限を確認した上で、必要なものをしっかりそろえておきましょう。

また、基本的にはなくても問題ありませんが、給与明細や源泉徴収票や確定申告書などを手元に用意しておくと、年収などの項目記入などで役立ちます。

アコムで本人確認書類、収入証明書として認められるもの

本人確認書類

備考

運転免許証

本人確認書類の基本

住民基本台帳カード、個人番号カード等

運転免許証の交付を受けてない場合に受付可能
顔写真のついた個人番号カードやパスポートが対象

健康保険証+補助書類

補助書類は住民票、納税証明書、公共料金領収書など
公共料金の領収書は、電気・ガス・水道・固定電話・NHKなどが対象(携帯電話は自宅住所が確認できる、本人の領収書ならOK)※1

※1領収書はOK、請求書はNG

収入証明書

備考

源泉徴収票

最新年度のもの

給与明細書

直近二か月分、賞与がある場合は直近1回分の賞与明細書もあると良い。※2、※3

市民税・県民税額決定通知書

最新年度のもの、1月~6月は前年度のものも有効 ※4

所得証明書

最新年度のもの、1月~6月は前年度のものも有効

確定申告書、青色申告書

最新年度申告したもの。※5

※2 給与明細に住民税の天引きがあれば最新分1カ月でもOK

※3 給与明細1カ月分の場合、昨年の収入が算出されるので、昨年より収入が増えている場合は2カ月分の給与明細が望ましい。

※4 6月に税額決定通知書が発行されるため。

※5 税務署の収受印があるものかeTAXの受領が確認できるもの。

アコムの審査Q&A

アコム審査Q&A

Q:正社員でなければ審査は受けられませんか?

A:アコムの申込み条件(※)を満たし、信用情報や総量規制の問題がなければ、パートやアルバイト、契約社員、派遣社員、内職でも問題なく審査を受けられます。

※年齢20歳以上、69歳以下の本人に安定した収入がある方

Q:今月から働き出したばかりですが申込みできますか?審査に通る可能性は?

A:勤続年数が0ヶ月でも申込みに問題はありません。ただし、勤続年数は安定した収入があるかどうかを判断する重要な情報のため、0ヶ月と極端に短い場合、審査に影響がでる可能性があります。

Q:審査の最後に行われる在籍確認は避けられますか?

A:アコムでは原則として電話による在籍確認を行っています。しかし、勤務先の所属が確認できる健康保険証や直近の給与明細書を提出することで、電話での在籍確認を省略できる場合があります。在籍希望で不安がある場合は、審査時オペレーターに問い合わせてみましょう。

Q:以前アコムを利用していて一度解約しました。再契約はできる?

A:解約後も再申込み後の審査に問題がなければ再契約に問題はありません。再申込みの方法は、Web上から新規契約と同様の手続きをとれば問題ありません。

最短30分審査!即日融資も可能なアコムがおすすめ!

限度額借入利率申込条件
1万円~800万円3.0%~18.0%(実質年率)満20歳~69歳までの安定した収入がある方

アコムメリット

三菱UFJ銀行グループのアコムは安心して利用できるカードローン会社です。即日融資も可能で、ネットやATMから24時間借り入れと返済が可能な会社です。申し込みに必要な書類は本人確認書類の提出で、カメラで写真を撮っていて、アップロードしておけばOKです。

こんな方におすすめ!
  • オペレーターは優しい人がいい!
  • 急な申し込みだけど、今日中にお金を借りたい!
  • WEBだけで申し込みから契約まで完結したい!
  • やっぱり利用するなら大手がいい
  • ATMは24時間利用できる会社がいい

アコムはウェブだけで契約を完了させることも可能ですし、カードを発行すれば24時間ATMで利用することもできます。

営業時間も夜10時までなので仕事が終わった後の申し込みでも即日融資が可能です。

口座開設